zono note

 

zono note

日々の学び、気付きを大切に綴りたい

tkinter を使って表現できること

tkinter で表現できること (抜粋)

  1. frame                       フレーム
  2. label       ラベル
  3. entry       エントリー
  4. message     メッセージ
  5. radiobutton      ラジオボタン
  6. listbox         リストボックス
  7. scrollbar      スクロールバー
  8. spinbox       スピンボックス
  9. button                       ボタン
  1. foreground(fg)       文字や線を描く色を指定
  2. background(bg)    背景色の指定
  3. text         
  4. borderwidth(bd)    ウィジェットの枠内の幅
  5. height             ウィジェットの高さ
  6. width         ウィジェットの幅
  7. abchor            ウィジェットや表示されるデータの位置を指定
  8. padx                  外側の幅を調整     
  9. ipadx            値を大きくするとオブジェクトの幅が広がる
  10. pady        外側の高さ調整
  11. ipady          値を大きくするとオブジェクトが長さが高くなる
  12. fill                            fillの後に X,Yを入れる自動でサイズ調整してくれる    
  • ジオメトリマネージャー

   1. pack           ウィジェットを横一列、縦一列に配置(1次元)

        ウィジェットの調整はside = left か rightで実行できる

      2. grid     ウィジェットをセルのイメージで配置(2次元)

      3. place          ウィジェットの位置、大きさ、他のウィジェットとの位置

         関係をXとYで直接指定する

  •  Tkinter  grid 配置について

        gridでは行と列を指定してウィジェットを配置します。

        イメージとして

 

  (0,0)

  (1,0)

(2,0)

 (1,0)

  (1,1)

 (1,2)

 (2,0)

  (2,1)

 (2,2)

 

       コードに書く時は

      Entry1.grid(row = 0,column=1)  等

       row は  行、column は  列