zono note

 

zono note

日々の学び、気付きを大切に綴りたい

パソコン基礎知識

CPUについて

インテル製CPUの違い(性能の高い順)
ブランド名 特徴 主な用途
Xeonジーオン 先端技術をふんだんに使った超高性能CPU 企業向けサーバー、CG制作
Core i7(コアアイセブン) かなり高性能な上級CPUで、処理速度が速い。2~8コア 個人向け高性能(ハイエンド)パソコン、業務用パソコン
Core i5(コアアイファイブ) 中程度の性能と言われるが、処理速度は速い。2~4コア 個人向けパソコンの標準モデル
Core i3(コアアイスリー) Core i5よりは劣るものの、十分実用的な性能。2コア 廉価版モデル
Core M(コアエム) 性能はCore i3よりやや低いものの、省電力性能が高い。2コア 2-in-1パソコン、タブレット
Pentiumペンティアム 性能をさらに落とした廉価版CPU。2コア 低価格パソコン
Celeronセレロン 計算性能よりも省電力性能を重視した格安なCPU。2~4コア 格安パソコン、一体型PC
Atom(アトム) 省電力性能に特化したCPU。2~4コア タブレット、小型パソコン、スマートフォン、サーバー機器